小児科あれこれ

2012年09月13日

RSウィルス感染が流行っています!!

 2週間前から2ー3か所の保育園を中心にRSウィルス感染症が流行しています。RSウィルスは年長児や成人が感染しても普通の風邪と同じ症状、鼻水、咳で終わりますが、乳幼児特に1歳未満の乳児が罹患すると細気管支炎といってゼーゼーして息苦しくなることがあります。また、口呼吸出来ない新生児や6か月未満の乳児ですと、鼻水、鼻づまりのために、おっぱいやミルクを飲むことができなくなり重症になることがあります。このような症状があるときはなるべく早く受診しましょう。治療は対症治療ですが鼻水を吸いとったり気管支を広げる薬、去痰剤、抗アレルギー剤、ステロイド剤で治療します。呼吸が苦しく食欲がない時は入院治療が必要になります。

 

 

 

« »

1歳のお誕生日にはしか風疹ワクチンを。予防接種について詳しくはこちら。

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2012 小栗小児科 All rights reserved.