小児科あれこれ

2013年04月11日

ロタウイルスによる胃腸炎が流行しています

1か月前ほどからロタウイルスによる胃腸炎が流行ってきました。その症状は個人差がありますが、嘔吐、下痢がひどく、脱水を起こしやすいのです。入院加療を必要とすることも多く、毎年この時期乳幼児を悩ませています。
ロタウイルスワクチンを生後6週間から接種することにより、かかっても軽く済ませることができます。ヒブ、肺炎球菌ワクチンと同時に生後2か月から接種することをお勧めします。

«

1歳のお誕生日にはしか風疹ワクチンを。予防接種について詳しくはこちら。

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2012 小栗小児科 All rights reserved.